2013年02月26日

純米酒

純米酒に醸造用アルコール混ぜて販売していたそうです。

「大阪府阪南市の酒造会社「浪花(なにわ)酒造」が、「純米酒」に醸造アルコールを混ぜたり、「大吟醸酒」や「吟醸酒」に規定以上の醸造アルコールを加えたりして販売していたことが、同社への取材などで分かった。大阪国税局が成分を分析して発覚したという。同社は表示に誤りがあったとして、対象となる約2000本の自主回収を始めた。」
(引用元:毎日新聞)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000005-mai-soci

これは消費者をバカにした行為であり、日本の酒文化に対しても冒涜した行為です。

本当は「純米酒」などと断らずとも、日本の酒は米と麹のみのものを指すべきだと思いますし、アルコールを混ぜたものは「アルコール添加酒」というべきだと思うのですがね(精米歩合70%以下で1/10の割合の醸造用アルコールを加えたものを「本醸造酒」と呼ぶことになっていますが、納得できませんね)。





アトムがいる風景トップへ
タグ:純米酒
posted by アトム at 10:40 | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

納豆

納豆日本一が決まったそうです。

「ギョーザの街、宇都宮に納豆が大挙襲来−。平成24年度の納豆日本一を決める「第18回全国納豆鑑評会」が22日、宇都宮市本町の宇都宮東武ホテルグランデで開かれ、最優秀賞の農林水産大臣賞に村田商店(長野県)が大粒・中粒部門に出品した「道祖神納豆」が選ばれた。」
(引用元:産経新聞)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130224-00000546-san-soci

この「全国納豆鑑評会」なるものは、毎年会場を変えて行っているようですね。

それにしても、納豆といえどいろいろこだわり出せばきりがないようで、糸の引き方から納豆に裏表があるとか、どれだけかきまぜればおいしいとか…

健康志向で注目されている納豆ですが、それだけではない、“おたく”的こだわりがあればあるほど、人気が出るのかもしれません。





アトムがいる風景トップへ
タグ:納豆
posted by アトム at 08:49 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

ももクロ

ももクロがユーミンの番組に出演します。

「本日2月23日(土)17:00よりオンエアされる「松任谷由実のオールナイトニッポン」にももいろクローバーZがゲスト出演することが明らかになった。」
(引用元:ナタリー)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000003-natalien-musi

ものすごい年の差だと思いますが、案外両者は気があ合ったみたいですね。

ユーミンが若いのか、ももクロのしたたかさなのか…

それにしても、ももクロのファンって多いですよね、若い子だけじゃなく。

あまりよく知らない私がこういうのも何ですが、いわばキワモノキャラっぽいももクロが、実はとてもまっとうなコンセプトがあるような気がしてきました。





アトムがいる風景トップへ
タグ:ももクロ
posted by アトム at 08:38 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

著作権

日本の著作権はまだ敗戦国扱いらしいです。

「日本は、著作権料などを支払う必要のある著作権保護期間を作者の死後50年間と定めている。それなのに米国、英国、フランスなど第2次世界大戦の戦勝国の作品は約10年長くしないといけないという国際ルールを課せられている。いまだ敗戦国扱いのこのルールを撤廃に向け交渉するよう、日本音楽著作権協会(JASRAC)は25日にも岸田文雄外相に申し入れる。」
(引用元:朝日新聞デジタル)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000011-asahi-ent

知りませんでした。

日本は世界の先進国ぶっていますが、こういうところにいまだに世界の評価があるのですね。





アトムがいる風景トップへ
タグ:著作権
posted by アトム at 10:33 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

ユッケ

ユッケがパック入りで復活しているそうです。

「焼き肉チェーンによる集団食中毒問題を受けた規制強化で、焼き肉店からほぼ姿を消していたユッケが復活の兆しをみせている。全国の焼肉店でつくる「全国焼肉協会」が昨年11月、店での加工の必要のないパック方式のユッケの提供マニュアルを策定。それに基づき、焼き肉ホルモン「こてっちゃん」で知られるエスフーズ(兵庫県西宮市)などが商品化し、市場が急拡大している。」
(引用元:産経新聞)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000553-san-bus_all

いいアイデアだとは思いますが、お店に行ってパックで出されても何だか興ざめな気もします…。

まあ、こうでもしないと売れないのでしょうが、まだまだ試行錯誤は続きそうですね^^





アトムがいる風景トップへ
タグ:ユッケ
posted by アトム at 10:21 | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

レスリング五輪除外危機

レスリングが五輪の協議から除外される危機におちいっています。

「「東京五輪招致活動に向けてこれは痛手だ」。2020年招致を目指す東京都の関係者には、驚きと不安が広がった。」
(引用元:産経新聞)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130213-00000089-san-soci

日本にとっては得意競技であるだけに、もし本当になれば痛手ですね。

柔道も最近勝てませんから、メダルの数が減ってしまいそう…

オリンピックはスポーツ選手にとって別格の大会ですから、ショックも大きいでしょうが、もうそんな神話はなくなってしまったのかもしれません。





アトムがいる風景トップへ
posted by アトム at 10:19 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

浅田真央

浅田真央が四大陸選手権で優勝しました。

「◆フィギュアスケート 四大陸選手権最終日(10日・大阪市中央体育館) 女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央(22)=中京大=は、今季世界最高の合計205・45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と2連続3回転ジャンプは回転不足ながら、銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪以来の200点超えで、自身初の5連勝とした。鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は2位、村上佳菜子(18)=中京大中京高=は3位と、日本女子が10年ぶりに表彰台を独占した。」
(引用元:スポーツ報知)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-00000205-sph-spo

卓球の愛ちゃんもそうですが、国民が小さい頃からその成長を見守っているスポーツ選手の一人ですね。

何だかみんな、我が子のようなやさしいまなざしで彼女の成長を見守り、挫折を心配、応援している。

でも、気が付いたら彼女、もう22のでしっかりした大人の女性になっていることに驚いたりして^^





アトムがいる風景トップへ
タグ:浅田真央
posted by アトム at 08:26 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

大谷翔平

大谷翔平を阪神のスカウトが絶賛しています。

「ドラフト1位、大谷翔平投手(18)=花巻東=が、2度目のブルペンに入り、立ち投げで直球にスライダーなど変化球を織り交ぜた50球を披露した。投球には、山田GMら球団首脳をはじめ、阪神・平塚克洋プロスカウト兼アマスカウトも熱視線。自軍のドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18)の投球も直接、見ている平塚氏は「甲乙付けがたい」と投手・大谷を絶賛した。」
(引用元:デイリースポーツ)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130207-00000015-dal-base

よそのチームの新人を褒めている場合か!
藤浪をあんじょう育ててや^^





アトムがいる風景トップへ
タグ:大谷翔平
posted by アトム at 10:33 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

サイフ診断

年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか?

「その人の年収は、持っているお財布の値段のほぼ200倍なのである。私が幾多のお財布を見てきた経験から言って、ほぼ間違いなく200倍前後の範囲に収まる。年収1000万円の人なら5万円前後のお財布を使っており、年収の2000万円の人は、10万円前後のお財布を使っているものなのだ。」
(引用元:プレジデント)
(引用文全文→)http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130204-00008500-president-nb

この記事は、資金繰り改善コンサルタント兼税理士の亀田潤一郎氏のものですが、その他にも、「稼ぐ人は必ず長財布を使っている」や「札は揃えて入れるべし」「余分なものは入れない」などの法則があるそうだが、要するにその人のお金に対する“思い入れ”にカギがありそうです。

大阪にお金は「汚のう儲けて、きれいに使う」という言葉がありますが、この「きれいに使う」というところがミソで、本当の“生き金”を使ってこそ価値があるわけです。

そのことをよく知っているお金持ちなら、財布を大切にするというのも分かりますね。

(でも、今後は電子マネーの発達で、財布は持たない人も増えるかも^^)





アトムがいる風景トップへ
posted by アトム at 12:40 | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。