2014年10月13日

ピース オブ ケイクのあらすじから見る松坂桃李の役割

俳優の松坂桃李が、田口トモロヲの監督第3作「ピース オブ ケイク」に出演し、初の“オネエ”キャラに挑戦していることが明らかになった。また、多部未華子と綾野剛が初共演を果たす今作には、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑ら豪華な面々が名を連ねるほか、宮藤官九郎、廣木隆一が俳優として友情出演する。
(引用元:映画.com)
(引用文全文→)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000002-eiga-movi

「ピース オブ ケイク」は一応少女漫画でありながら、白馬の王子様みたいなのが登場するいわゆる王道的な内容ではなく、人間関係が微妙に入り組んだリアルな作品ですね。

発端は主人公の志乃の浮気ですが、関係を清算しようにも最初は彼氏からは別れを許されず、ある事件から今度はあっさり向こうから別れを切り出され…。何だか空しくなって引っ越してやり直そうとするが…。

松坂桃李さんは、そんな主人公志乃の学生時代からの親友「おかまの天ちゃん」ということですが、そういえば少女漫画には結構同性愛が描かれていますが、この作品ではあくまでも友人役。そういうところにむしろ“オネエ”の日常化というのが始まっているような気がします。というよりむしろ“オネエ”は個性の一つとしてとらえられ、物語のキャラクター設定でのアクセントとなっているようです。

松坂さん、案外はまり役になるかも…。

一口メモ
“オネエ”も気になる!?VIO脱毛の前に知っておきたい、人気のアンダーヘアの形


アトムがいる風景トップへ
posted by アトム at 09:06 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。