2015年09月22日

テレビウォッチャーとビデオリサーチ

視聴率調査といえばビデオリサーチと決まっていたものですが、最近テレビウォッチャーというサービスが注目されているようです。

というのもテレビウォッチャーでは「録画数」を計測しており、リアルタイムの“視聴率”だけでは測れない視聴者のニーズを表している可能性があるからです。

テレビの見方は従来は茶の間に一台、どんと据えられて家族で一つの番組を見るというのが普通でしたが、いまやワンセグあり、録画ありでのデジタル化に、従来の調査方法が追いついていないという意見があるからです。

確かに私自身もリアルタイムで家でテレビを見ることは少なく、録画して後日見るとかの機会が増えていますものね。

そうなってくると、正確な“視聴率”の調査って何かという問題が出てくるわけです。つまり、テレビでリアルタイムに、携帯やスマホのワンセグでリアルタイムに、録画して好きな時間に、NHKオンデマンドのように後から好きな時間に、などなどをすべて集計しなければならないのではないか、と。

でも、そんなことってできるのかなあ。まあ所詮視聴率って一つのデータに過ぎないわけですから、それによる評価もまた、“目安”程度に過ぎないってところでしょうか。



Sponsored Link




アトムがいる風景トップへ
posted by アトム at 07:26 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング