2016年01月28日

小保方晴子さんの手記、若山教授が犯人!?

小保方晴子さんの手記が発売され、それによるとSTAP細胞騒動の真犯人は、若山照彦教授だと告発しているようですね。

またまたお騒がせですね。その内容が事実だとしても、なぜ今さらという気もしますし、実名を使った以上、とことん闘う覚悟が必要でしょう。

STAP細胞の培養に関して若山教授に任せて結果だけを見たと彼女は言っています。だから再現もできず、ES細胞の混入に関しても、すべて彼女にせいにされたというのです。

第三者の私としては、ただただ見守るだけですが、相手は強大な権力を握っているわけですから、勝ち目のない戦、それでも闘うというのでしょう。

しかし、論文からしてかなりワキの甘い小保方さん、どれだけの称賛を持っているのでしょうか。今回の理由もその甘さを路程しているだけのような気もします。

しかし、判官贔屓の私としては、小保方さんにがんばってほしい。それにはかなりの戦術が必要だと思いますが、賢明なブレーンがついているのでしょうか? それだけが心配です。



Sponsored Link




アトムがいる風景トップへ
posted by アトム at 17:02 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング